スクリーンの誘惑

見た映画の記録を関係ないような雑感といっしょに。

「帝一の國」

 気軽に観られて楽しい映画だったな。重い映画の「映画観た感」も好きだけど、こういうのもないとね。

 未来の要人候補が通う高校なんて本当にあるのかしら。東の開成、西の灘、あたり?

 あまりにも縁がない世界すぎて想像が及ばないけれど、10代のうちからそんなに戦々恐々とすることがあるなんて、他人事ならおもしろい。

 

 若手俳優がいっぱい出る映画っぽかったので、多少の色眼鏡はあったけれども、ちゃんと映画として楽しいものですよ。

 難点をいえば、菅田将暉くんとかが出ていると、観客に若い女の子が多くて居心地がわるいってことですが、こればっかりはどうにも。

 

 そうそう。普段はあまり好きではない、むしろ苦手な音楽が、映画やドラマにはまった途端、ものすごくいいものに聞こえるときがある。

 「帝一の國」の主題歌、クリープハイプの「イト」もまさにそれだ。

 あの歌い方苦手なんだけど、なんだろうこの圧倒的なかっこいい感。作品にめちゃくちゃはまっている気がする。

 

www.teiichi.jp