読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スクリーンの誘惑

見た映画の記録を関係ないような雑感といっしょに。

「バーニング・オーシャン」

 人が亡くなったり、痛い思いをしたりする映画は苦手だ。怖くて画面を見ていられない。『アメリカ史上最悪の石油災害』と聞けば、苦手な類の映画だということは容易にわかるのに、予告編につられてつい観てしまった。

 

 映画の半ばあたりで、この映画を観たことを本当に後悔した。過去の映画でいえば「タイタニック」あたりを思い浮かべてもらうといいかもしれない。画面のなかで多くの人が傷つき、血が流れ、被害が拡大していく。怖くてたまらなくて、劇場を出ようかと思った。

 一度はしまった腕時計を取り出して時間を確認したところ、上映開始時刻から1時間15分ほど。ずっと事故のシーンというわけではないから、どんなに長くても30分我慢すれば事故のシーンは終わるだろう。

 そう思って、ひたすら耐えた。耳をふさいで、目を閉じて、ハンカチを握りしめて必死で耐えた。それでも聞こえてくる音と、途中途中で見るストーリーで、十分すぎるくらい苦しかった。

 

 自分が死ぬかもしれない、死に直面している局面で、目の前の人を助けようとする。危険を冒してまで人を救いにいく。すこしでも多くの人を救うため、最悪の状況を改善させるために戦う。

 立派なことは間違いない。でも、そんなの美談じゃないと思う。

 彼らの家族や、彼らを大切に思っている人のことを思えば、目の前の人よりも、すこしでも多くの人を救うよりも、とにかく自分だけでも助かってほしい。一刻も早く、すべてを投げおいてでも逃げてほしい。

 人間として普通のことだ。それを思えば、こんなの美談にはできない。

 事故までの経緯を知れば、完全な人災だ。人間が人間の死を引き起こすなんて、あまりにも馬鹿げている。

 

 どんな人災の影にも、多数を救うために動く人たちがいる。

 これを人災と呼ぶのは適切ではないかもしれないが、福島第一原発だって、危険を冒して戦ってくれた人たちがいる。それも、目の前の死だけでなく、いつになれば安心できるかもわからない放射能の恐怖もいまも抱えているに違いない。

 そういう人たちに感謝しようなんて、そんな薄っぺらいことは言えない。でも、どんな裏にも人がいる。人災から人を救うのもまた人なのだ。

 

 号泣しすぎて、観終わったときにはメイクは全部落ちてしまった。綺麗に泣くことなんてできなくて、ぼろぼろに泣いて、何度も鼻をかみながら観た。

 感動で泣いたんじゃない。つらくて苦しくてたまらなかったからだ。

 

 

burningocean.jp