スクリーンの誘惑

見た映画の記録を関係ないような雑感といっしょに。

「愚行録」

 ストーリーは、週刊誌の記者が1年前の一家殺人事件を追うため、被害者と生前繋がりのあった人々に取材をしていく形で展開する。人間過去をつつかれれば綺麗なばかりではないけれど、残酷なくらいだ。

 

 冒頭から、殺された夫の同僚男性の回想の中で、男たちは女を踏みにじる。性と人間をあわせて。吐きそうになるくらいの嫌悪感だ。

 傷つけられる女性にも要因はある。でもそれは中学生のいじめのようなもので、要因があれば容認されるというものではない。

 

 男が女を踏みにじるか、女特有かもしれないヒエラルキーの歪みか。エピソードはそれだけなのに、細かく描かれていて、憎しみとか劣等感とか絶望感がグサグサと突き刺さる。

 現実でもいるでしょう。よくこんなに人の心を蔑ろにできるな、と思う人。それをスクリーンで見ているみたいだ。

 

 なんだか、いちばん触られたくない肝の袋にナイフを突き刺されて、でも中身は無駄に頑丈だから破裂はせず、いつ中身が漏れるかわからないずたぼろの袋を抱えて帰らなければいけない気分だ。

 妙に傷ついて、傷を上塗りすれば少しは薄れる気がした。映画の帰りにそこらへんでナンパされて適当に抱かれたらいいと思った。

 ま、そうそうナンパもされず、声をかけてきたのは夜の仕事のスカウトのみ。金銭という目に見える対価があっては、傷としては不十分だ。そればかりが理由じゃないけれど、お断りした。

 

 この映画よかったよ、見た方がいいよ、とは言わない。でも「残る」映画だ。

 映画って、何かを残すために見るんでしょ。何もない上っ面を滑るより、えぐってでも跡があった方がいい。映画を見る意味を思うなら、これほどのものにはなかなか出会えないんじゃないかと思う。