読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スクリーンの誘惑

見た映画の記録を関係ないような雑感といっしょに。

「LA LA LAND ラ・ラ・ランド」

 「夢は諦めなければ叶う」「諦めない人が成功する」という言葉は世間に溢れていて、夢追い人には欠かせない。それは真実でもあるけれど、「物は言いよう」でもある。

 今日を最後に、と決断して区切りを付けた翌日に千載一遇のチャンスが待っていたかもしれない。明日が転機だったかもしれない。
 でもそんなこと、誰にもわからない。言ったらきりがない。止め時がなくなるだけだ。

 一大決心で夢を追っていても、暮らさなければいけない。家賃を払わなきゃ家を追い出されるし、水道光熱費を払わなきゃライフラインが止まる。お金持ちの家に生まれでもしない限り、お金を稼がなければ暮らしていけない。

 区切りを付けなければいけないときは、いつ来たっておかしくない。みんながみんな、成功なんてしない。それが現実だ。

 

 「LA LA LAND」は、主人公のミアちゃんの笑顔が本当に可愛いの!オーディションの前室に綺麗な子が座っていたとしても、にっこり笑ったミアちゃんに敵う女の子なんていないよ。

 恋人になるセブとの出会いは最悪で、意地を張り合いながら恋に落ちるところなんてありがちな少女マンガみたい。でも「少女マンガみたい」の一言で突き放したくないくらい、ときめいてしまう。きっとミアちゃんの笑顔の効果もある。

 ミュージカル映画なので、ストーリーの中で歌って踊る。私は普段かっこつけちゃって、踊ったりするタイプじゃないけど、これを観たら私も踊りたい!踊るのって楽しそう!

 ダンサブルで楽しいけれど、切ない。最後にセブが弾くピアノの音色は、絶対に聴いてほしい。音楽に感情を乗せるって、どうしてこんなに素敵なんだろう。

 叶わない夢もあるなんて現実、きっとみんな知ってる。それでも追いたい夢もある。

 

gaga.ne.jp